MANOMAのWi-Fi機能はイマイチ? その理由を調査しました

ソニーのスマートホームサービスである「MANOMA」について、防犯や見守りの観点から使用してみたいと考えている方は多いかと思います。

また、「MANOMA」にはWi-Fi機能も搭載されており、インターネット接続をするうえでの手段としても使用できます。

そんな中で、インターネットなどで「MANOMA」を検索すると、ネガティブな評判が多く、大丈夫だろうかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。

本記事ではソニーのスマートホームサービスである「MANOMA」のインターネット上での評判をまとめ、その理由と本サイトのテーマである親の見守りの観点から「MANOMA」は使用するべきサービスなのか否かをまとめています。

本記事は以下の様方にお勧めです。

  • 「MANOMA」のインターネット上の評価を読んで導入していいのか迷っている方
  • 「MANOMA」をWi-Fi通信機器として使用したいと考えている方
  • 「MANOMA」を見守りや防犯目的で使用したいと考えている方
  • 「MANOMA」をお試しで使用してみたいと考えている方

本記事で「MANOMA」のインターネット上の評判がなぜ悪いのかを理解して、以下の公式サイトリンクから、最大2か月間で税込み1,980円の手頃な価格で実際に「MANOMA」を試してみて、その使い勝手を実際に確認してみて下さい。

  • ソニーの新スマートホームサービス
  • 遠方にいる家族を機器とスマホで見守れます
  • もしもの時はセコムが駆け付け要請できます
最大2か月間で1,980円(税込)
期間中の解約金なし
お試し体験セット実施中!!
目次

「MANOMA」のネットの評判はあまり良くないです その理由とは?

「MANOMA」のネットでの評判概要

「MANOMA」を使用してみたいと考えている方が、インターネットやYoutubeなどで検索して驚かれるのが、「MANOMA」の評価の低さです。

実際にGoogleで「MANOMA」などと検索する際に自動的にユーザーが検索している関連キーワードを提案してくれるサジェスト機能がありますが、これらを確認すると以下のようなキーワードが出てきます。

  • MANOMA 解約
  • MANOMA 評判
  • MANOMA 消費者センター
  • MANOMA 解約金
  • MANOMA クーリングオフ

・・・など

 

初めにこの様なキーワード提案があるとびっくりしますよね

しかし、実際によく調べていくと、なぜそのような評判が多いのか見えてきました。

それは、「MANOMA」にあるWi-Fi通信機能に関する評価がほとんどであったということです。

実際に「MANOMA」の評判を見てみましょう。

また、「MANOMA」の口コミをインターネットで確認した場合でも、ネガティブな評判はWi-Fi機能、および他のインターネットサービスでも認められる一部代理店の強引な勧誘によるものがほとんどでした。

 

これらの評判は、インターネット通信についてまとめているサイトから発信されています。

それでは、これらの評判で出てくる「MANOMA」のWi-Fi機能とはどんな機能なのでしょうか?

「MANOMA」のWi-Fi機能の特徴は?

「MANOMA」のWi-Fi機能の概要

インターネット通信機能をになっている「AIホームゲートウェイ」
裏側にSIM挿入口があります

「MANOMA」のインターネット通信機能をになっているのが「AIホームゲートウェイ」になります。

こちらに「NuroモバイルHome Wi-Fi(M)オプション」を契約し、NuroモバイルのデータSIMカードを挿入して使用することによって、工事不要のインターネット通信機能が使用可能となります。

「NuroモバイルHome Wi-Fi(M)オプション」の仕様は以下の通りとなります。

 項目仕様
月額料金2,200円
初期費用3,740円
通信速度非公表
通信制限3日間で計10G使用で制限
※価格は税込

「MANOMA」のWi-Fi機能のメリット

「MANOMA」のWi-Fi機能のメリットは以下の通りです。

  • 工事なしでインターネット通信が使用できる
  • 月額料金が安い

工事なしでインターネット通信が使用できる

通常インターネット通信を利用するためにはプロバイダを通じて開通工事を行う必要がありますが、「MANOMA」の場合はSIMカードを「AIホームゲートウェイ」に挿入するだけという手軽さが特徴です。

遠方の親が仮にインターネット契約をしていない際には、手軽に導入できる点で非常に大きなメリットです。

 

この特徴は本サイトでも紹介した「ソフトバンクエアー」と同様の特徴ですね。

月額料金が安い

月額が税込みで2,200円は他のインターネット通信に比べて非常に安価です。

例えば、現在主流の光回線の場合、例えば同じソニー系列のインターネットプロバイダであるNUROの「NURO光」は月額5217円(税込)ですし、同じく工事なしでインターネット通信が使用できる「ソフトバンクエアー」は月額4,880円(税込)であることを考えるとその価格は破格です。

「MANOMA」のWi-Fi機能のデメリット

一方で「MANOMA」のインターネット通信機能のデメリットは以下の通りです。

  • 通信速度が非公表
  • 3日間で通信量が10Gを超えると速度制限かかかる

通信速度が非公表

これが一番の不安要素になるかと思います。

インターネット通信機能を期待している方にとっては通信速度が非公表というのは正直不安になりますね。

もちろん各社が公表している仕様は理論値となっていますが、前述の「NURO光」では最大2Gbps、「ソフトバンクエアー」でも最大962 Mbpsとなっています。

実際の速度は使用する環境に依存し、かつ固定回線でないことから、その傾向は顕著になります。

更に今回の口コミを見ると一概に早いものではないことが分かります。

3日間で通信量が10GBを超えると速度制限かかかる

「MANOMA」のWi-Fi機能は通信機能のネットワーク混雑回避のために3日間の内10GB以上の仕様で速度制限がかかる仕様となっています。

なかなか、3日間で10GBというとイメージが湧きませんが、参考までに同様に3日間で10GBの制限があるUQWimax が提示している、パソコンでYou Tubeを見た場合の10GBで見ることのできる時間の目安は以下の通りです。

Youtube の画質10GBで見ることのできる時間
超高画質約7時間
高画質約13時間
標準画質約47時間
低画質約83時間
引用元:UQWimax 公式ページ

You Tubeに限らず、インターネットの閲覧など、そこまで過度に使用しない限りは3日間で10GBを使うことはなかなかないかと思います。

しかし、一般的な光回線や前述の「ソフトバンクエアー」ではこのような制限はないことから、この点でもデメリットになります。

「MANOMA」のWi-Fi機能はおまけ程度と考えるべき

以上のことから、「MANOMA」をインターネット通信のために使用することを第一で使うと、口コミにあるようにがっかりしてしまうことになります。

この様なことがあったからか、「MANOMA」の公式サイトを見てみると、インターネット通信機能はあくまでもオプション扱いであり、大々的にインターネット通信機能を謳っていません。

それでは、「MANOMA」の見守りの観点ではどうなのか?

それでは現在「MANOMA」が想定している使用ニーズはどんなものでしょうか。

  • 家族やペットの見守り
  • おうちの防犯
  • おうちのことのお手伝い(音声やスマホで家電のコントロール)

このサイトを見て下さっている皆さんが気になっているのは、遠方の親の見守りだと思います。

「MANOMA」はそんな私達を対象としたサービスになります。

このことから、「MANOMA」の見守りの観点で見た場合のについての評価について、実際に私が「MANOMA」の「お試しスマートロックセットを」申し込み、レビューしてみました。

詳しくは、本サイトの「MANOMAを実際に試した私の口コミ 遠方の親の見守りに使える?」をご覧ください。

「MANOMA」を実際に使ってみてご自身でも体感してみて下さい

本記事では、「MANOMA」の評判が悪い理由を調査しました。

「MANOMA」の評判を落としているのはオプションとしてのWi-Fi機能についてと、一部代理店によるこれらの機能の強引な勧誘によるものでした。

また、現在「MANOMA」の想定している使用ニーズはスマホや機器を用いた遠隔での家族の見守りや防犯になります。

本サイトを見て下さっている皆さんにとって見守りの観点から、価値のあるサービスかどうかは実際に試してみるのが一番です。

公式ページに最大2か月間1980円(税込み)で、期間中に解約金の無い、お試し体験セットが準備されていますので、興味のある方は公式ページを確認の上試してみて下さい。

  • ソニーの新スマートホームサービス
  • 遠方にいる家族を機器とスマホで見守れます
  • もしもの時はセコムが駆け付け要請できます
最大2か月間で1,980円(税込)
期間中の解約金なし
お試し体験セット実施中!!
よかったらシェアお願いします!!
目次
閉じる