ALSOKのるすたくサービスで空き家の実家も安心です

ALSOKのるすたくサービスで空き家の実家も安心です

まだまだ先だと思ってしまいますが、遠方に住んでいる私達にとって、地元に残る実家をどうしていくかは大きな問題です。

親が施設に入ったり、別れが来てしまった後に残る実家をどうするかは、すぐに決められる問題ではなく、行動に移すとしても時間がかかります。

とはいえ、具体的な行動に移すにあたり、空き家となった実家をそのままにすると、草は生い茂り、郵便物などは入れられたままと、どんどんとボロボロになっていきます。そして、今後私達を悩ませる様々な問題が発生します。

かと言って、都度遠方の実家に帰って空き家となった実家を維持していくのはとても時間や労力、そしてお金がかかります。

そのような空き家をどうするかと言った悩みを解決する手段として、大手警備会社のALSOK(アルソック)のるすたくサービスがあります。

ではこのるすたくサービスばどんな形で私達の実家の空き家問題を解決していくのでしょうか?

本記事では、以下の内容が理解できるようになります。

  • 実家が空き家となったときに起こりうる問題がどんなものかが理解できるようになる
  • 空き家となった実家への対応としてアルソックのるすたくサービスの概要が理解できるようになる

もし本記事によってこのサービスについて興味が出ましたら、実際に資料請求の上、更に担当者の方へ連絡するといいかと思います。

それではよろしくお願いします。

目次

実家が空き家になると何が問題なの?

実家が空き家になると何が問題なの?

実家が空き家になることによって以下のデメリットが発生します。

  • 家としての価値が減る
  • 犯罪の温床となる可能性がある
  • 近隣住民や自治体からクレームが来る可能性

家としての価値が減る

家は実際に住むことによって家としての価値が維持されます。具体的には換気や通水などを定期的に行っていないとあっという間に家としての価値が失われていきます。

例えば、壁紙をはじめとした室内の至る箇所でのカビの発生や水道管内の錆の発生などです。また、雨水の侵入によって建築材が劣化することも十分に考えられます。

今後遠方の実家を活用していくにあたり、住むにしても売却することになったとしても、長らく放置し劣化した状態の家はリフォームが必要になります。その際にかかるリフォーム代の費用や調整等に必要となる労力はできる限り抑えたいものです。

犯罪の温床となる可能性がある

また、住んでいない家は投函された郵便物がたまっていたり、草が伸びきっているといった状態がわかると、敷地内にゴミが不法に捨てられるようになったり、不審者が出入りするようになったりと、周辺への治安に悪影響を及ぼす可能性があります。

近隣住民や自治体からクレームが来る可能性

前述の通り、適切な管理がされていない場合、周辺に対して景観が損なわれるだけでなく、治安にも悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、近隣住民や自治体からクレームが寄せられる可能性があります。それだけでなく、法律的にも処罰の対象となる可能性があるのです。

例えば、民法第77条(工作物責任)には、土地の工作物(建物を含む)の所有者は、その工作物を適切に管理しなければならず、管理が不十分なことにより、他人に損害を与えた場合には損害賠償責任を負うこととの記載があります。

このような空き家に対するデメリットを抑えるために、大手警備会社のALSOK(アルソック)のるすたくサービスがあります。

ALSOKのるすたくサービスとは?

ALSOKのるすたくサービスとは?

ALSOKのるるたくサービスの内容については、まずは以下の動画を見ていただくとイメージが湧きやすいかと思います。

引用元:アルソック

ALSOKのるすたくサービスは以下のサービスが用意されています。

  • 見回りサービス
  • 投函物整理サービス
  • るすたくセキュリティサービス(オプション)
  • 代行サービスへの依頼
 

それでは順番に見ていきましょう

見回りサービス

見回りサービスは、実家の気になる箇所を中心として、実家に破損の形跡がないか、ゴミなどが不法投棄されていないかなどの様子を月に一度確認し、メールにて報告してくれるサービスです。

投函物整理サービス

こちらは郵便受けの投函物を確認し、契約者が指定したように廃棄、もしくは指定された住所に送付してくれるサービスです。

るすたくセキュリティサービス

こちらはオプションになりますが、これまでの基本プランに加えて、留守宅向けに特化したセキュリティサービスが期待できるのが、るすたくセキュリティパックになります。

基本プランの4,400円(税込)に1,100円(税込)をプラスするだけで、以下のサービスが使用可能となります。

  • 留守宅に特化したホームセキュリティサービス
  • 換気サービス

留守宅に特化したホームセキュリティサービス

留守宅向けに用意された家屋の不審者の侵入に特化したホームセキュリティサービスです。

因みに、るすたくセキュリティサービスに加入することで導入される機器類の内訳は以下の通りです。

  • コントローラー
  • 空間センサー
  • ALSOKライト
ALSOK コントローラー
引用元:アルソック
ALSOK 空間センサー
引用元:アルソック
ALSOK ライト
引用元:アルソック

人体の熱を感知するセンサーを天井に取り付けることによって、万が一のことがあった場合は、コントローラーを経由してアルソックに通知され、駆け付けなどの対応を行ってくれます。

また、侵入された際には家の外に備え付けられたライトが点滅し、周囲に異常があることが伝えられることもあり、これらの設備を見て家への侵入を控える効果も期待できます。

さらにこのるすたくセキュリティサービスは、アルソックが提供するみまもりサポートとは別の独立したサービスとなるのでその点は気を付けたほうがいいです。

換気サービス

更にるすたくセキュリティサービスに加入者限定で希望した場合に、アルソックのスタッフが空き家となった実家に入り、以下の対応を行ってくれます。

  • 建物外観・内観の確認
  • 通気・換気
  • 通水

空き家の維持には家の中の通気・換気や通水は必要不可欠で、これらを怠ると家の状態がすぐに悪くなると言われています。

しかし、わざわざ実家に帰るものも労力やお金がかかってしまいます。

そんな時には、1回5,500円(税込)で上記の対応をアルソックスタッフが代理で行ってくれます。

代行サービスの依頼

上記サービスに限らず、仮に遠方の実家について何らかの対応(草むしりなど)を行う必要があれば、アルソックのスタッフに相談することで、これらの代行サービスを提案してくれます。

ALSOKのるすたくサービスのお値段は?

ALSOKのるすたくサービスのお値段は?

ALSOKのるすたくサービスの値段設定は非常に単純明快です。

まずは以下の表をご覧ください。

契約形態基本サービスるすたくセキュリティパック換気サービス
一般契約4,400円/月+1,100円/月5,500円/回
ホームセキュリティ契約済み2,200円/月5,500円/回
※価格は税込

基本的にはアルソックのホームセキュリティサービスを既に契約しているかしていないかによって、金額が変動します。

また、既にホームセキュリティに加入している場合は、ホームセキュリティのオプションという扱いで空き家となった場合の実家の管理も可能となるという考え方でいればいいかと思います。

ALSOKのるすたくサービスはどんな人におすすめか?

ALSOKのるすたくサービスはどんな人におすすめか?

アルソックのるすたくサービスは以下の方にお勧めです。

  • 遠方にある実家が空き家となった方
  • 遠方にある実家の管理のために頻繁に帰省できない方

るすたくサービスは遠方に住む私達が普段なかなか対応することが難しい実家の空き家対策をアルソックが代わりに対応してくれるというサービスになります。

普段の実家の見守りだけでなく、場合によっては家の中の換気をはじめ、草むしりなどの対応もアルソックと相談のうえで、完全に代行してもらうことが可能です。

そのため、管理までを代行することを想定し、るすたくセキュリティパックへの加入をしたうえで、るすたくサービスを活用されるのが最善かと思います。

まとめ

まとめ

遠方の実家が空き家になるという事態は、少子高齢化や人口の一極集中にある現状を踏まえると、今後も増加する傾向にあると考えられます。

そのような中で、今回紹介しましたアルソックのるすたくサービスは、遠方に実家がある私達にとっては、遠方の実家が空き家になった際に自分の家庭を守りながらも思い出のある実家を守る有効な手段となります。

今回は、当該サービスについてその概要を紹介しましたが、もし本記事によってこのサービスについて興味が出ましたら、実際に資料請求の上、更に担当者の方へ連絡するといいかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!!
目次
閉じる