ALSOKのライフリズム監視サービスとは? 親の見守りがより確実に

遠方に住む、私達の親が万が一のことがあった際に私達に何ができるかは常に考えておかなければなりません。

そして何よりも大切なのが、万が一の事態に出来るだけ早く気づき、対応してあげることです。

しかし、遠方に住んでいると親の生活スタイル全てを把握し、万が一の時に駆け付けるということは難しいですよね。

そこで今回は、親の生活をさりげない形で見守り、更に万が一の際は自動的にALSOKの警備員が駆け付けてくれる「ライフリズム監視サービス」について解説したいと思います。

それではよろしくお願いします。

目次

「ライフリズム監視サービス」の概要

ALSOKの「ライフリズム監視サービス」とは、その名の通り、遠方の親が日常生活を問題なく遅れているかどうかをセンサーを用いて見守るサービスのことです。

監視と聞くと、ドキッとする方がいるかもしれませんが、トイレのドアにセンサーを取り付けて、トイレの使用の有無を確認することによって普段通り生活できるかを確認するというものです。

また、万が一、センサーを介してトイレの使用が一定期間認められなかった場合は、自動的にALSOKに通知され、ガードマンが駆け付けてくれます。

「ライフリズム監視サービス」は「みまもりサポート」のオプションになります

ALSOKの「ライフリズム監視サービス」は単体でのサービスではなく、これまでALSOKの「みまもりサポート」のオプションになります。

「みまもりサポート」の基本サービスは以下の通りとなります。

  • 万が一のための駆け付けサービス
  • 24時間いつでも相談できるヘルスケアサービス
  • 熱中症、および災害アラート機能

「ライフリズム監視サービス」は上記の駆け付けサービスをより確実なものにするオプションです。

みまもりサポートのコントローラーと非常ペンダント
引用元:ALSOK

駆け付けサービスをはじめとした「みまもりサポート」を利用するにあたって使用するのが、家に取り付けるコントローラーから、緊急ボタンを自ら押す形で緊急事態であることをALSOKに伝える形となります。

また、オプションとして、ペンダント型のスイッチを使用し、万が一の事態があっても、すぐにALSOKに緊急事態を伝えることが出来ますが、こちらも能動的な形での通知になります。

併せて、オプションとして、センサーを用いた見守り情報提供サービスがありますが、こちらは家族にセンサーを通じた日常生活をしっかり送っているかを送信してくれるサービスであり、自動的にALSOKに万が一の事態を通知してくれるものではありません。

そこで、「ライフリズム監視サービス」を導入することで、私達の親に万が一の事態が発生し、コントローラー等の緊急ボタンを押すことが出来なかったとしても、自動的にALSOKに通知がいき、ガードマンが駆け付けてくれるという「みまもりサポート」をより確実な見守りサービスにしてくれるオプションになります。

「ライフリズム監視サービス」の気になるお値段は?

「みまもりサポート」に「ライフリズム監視サービス」を付けた場合、どの程度の費用が発生するのでしょうか?

実際の費用は以下の通りとなります。

契約形態月額料金工事費機器費
お買い上げプラン
(維持費を抑える場合)
2,200円
(基本サービス+330円)
18,480円
(基本サービス+5,280円)
65,120円
(基本サービス+12,320円)
レンタルプラン
(機器をレンタルしたい場合)
3,289円
(基本サービス+539円)
18,480円
(基本サービス+5,280円)
ゼロスタートプラン
(初期費用を抑える場合)
3,597円
(基本サービス+627円)
※各費用は税込

因みに、前述の空間センサーを用いた「見守り情報提供サービス」の費用は以下の通りとなります。

契約形態月額料金工事費機器費
お買い上げプラン
(維持費を抑える場合)
2,420円
(基本サービス+550円)
16,500円
(基本サービス+3,300円)
66,220円
(基本サービス+13,420円)
レンタルプラン
(機器をレンタルしたい場合)
3,531円
(基本サービス+781円)
16,500円
(基本サービス+3,300円)
ゼロスタートプラン
(初期費用を抑える場合)
3,806円
(基本サービス+836円)
※各費用は税込

このように、自動的に万が一の際には通知が行く「ライフリズム監視サービス」と、見守る私達に通知が行くのみの「見守り情報提供サービス」との料金で大きな差はなく、むしろ「見守り情報提供サービス」の方が高い傾向にあります。

 

活用の仕方は人それぞれですが、私なら料金とサービス内容から、まずは「ライフリズム監視サービス」を選びます。

「ライフリズム監視サービス」は、長期不在時にガードマンが来てしまうのでは?

引用元:ALSOK

トイレのドアにセンサーを取り付けることで、普段の生活をみまもり、場合によっては自動でALSOKのガードマンが駆け付けてくれる「ライフリズム監視サービス」ですが、私達の親が長期に実家を不在にしてしまった場合はどうなるのでしょうか?

このような時は、「みまもりサポート」で使用するコントローラーの外出ボタンを事前に押すことによって、これらのサービスを一時的にストップさせることが出来ます。

 

ですので、「ライフリズム監視サービス」を使用する際は、見守る対象となる親にこのことを教えることを忘れないでくださいね。

「ライフリズム監視サービス」で「みまもりサポート」をより確実な見守りサービスに

「ライフリズム監視サービス」は普段使用するトイレにセンサーを取り付けることで、日々私達の親が問題なく過ごせているかを確認でき、かつ万が一の際には自動でALSOKに通知して駆け付けてくれる「みまもりサポート」のオプションです。

「みまもりサポート」の基本サービスではコントローラーやペンダント型のスイッチで私達の親が自ら通知するか、オプションの「みまもり情報提供サービス」でセンサーを私達が日々の親の生活を見守り、場合によって私達が連絡する必要がありますが、「ライフリズム監視サービス」は自動で通知してくれるところが大きいです。

万が一のことがあっても気づいてあげられないといった事態を避けるため、「ライフリズム監視サービス」でさらなる確実な親の見守りを検討してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアお願いします!!
目次
閉じる