テレビの音がうるさい!! そんな親に悩むあなたがやるべき対策5選

  • URLをコピーしました!

皆さんの親に声をかけても聞き返す機会が増えたと感じたことはありませんか?

久々に会話をして、なかなか言葉のキャッチボールが難しくなったと感じたりすることもあるかもしれません。

そして実家に帰った時にテレビの音が大きいと感じることがあるかと思います。

実際に、テレビの音が大きい中で生活すると一時的な滞在だけでも正直苦しいです。

それが仮に親と同居している場合はなおさらだと思います。

今回は、実家の親のテレビの大音量問題に対してお困りの方を対象に、その対処法を紹介します。

  • 高齢者をはじめ、聞き取りづらい方向けのスピーカー
  • 取り扱いが簡単
  • 音ズレしない
公式サイトなら60日間返金保証付きです
目次

テレビの音がうるさいと家族の生活の質が低下します

テレビは私達に様々な情報を与えてくれ、かつ私達の生活に潤いを与えてくれます。

そして、加齢に伴う聞き取りにくさを補うために、テレビの音量をつい音量を上げてしまいます。

しかし、最適な音量の感度が家族間で異なると、一方が不快感を感じてしまいます。

例えば、子供たちが独り立ちして久々に帰った際に実家のテレビの音量が大きすぎたりすると、久々のおしゃべりや食事、睡眠など実家でのひと時が台無しになり、実家に帰りたいという気持ちもなくなってしまいます。

更に同居している場合は実家に一緒にいたくないとも感じてしまいます。

しかし、私達に合わせてテレビの音量を合わせてしまうと、聞き取りにくい親にとってテレビはつまらないものになってしまいます。

テレビの音がうるさいと近所迷惑になってしまうことも

併せて、あまりにテレビの音が大きい場合は近所にも影響が出てきます。

周りから厄介者扱いされてしまうと、普段の生活だけでなく実家で万が一のことがあったとしても、周囲の方からの理解と協力が得にくいということにもなりかねません。

テレビの音がうるさい問題を解決するポイントは?

テレビの音がうるさい問題を解決するにあたって以下の2点に気を付ける必要があります。

  • お互いが納得できること
  • 無理なく習慣化できること

テレビの音を大きくしてしまう家族、そして私達の双方にとって納得できるものでないと、どちらか一方にストレスや負荷がかかります。

そして、仮に対策を立てたとしても長続きしません。

自然に取り入れられ、生活の一部となるような対策が必要となります。

テレビの音がうるさい問題に対する具体的な解決策5選

では、具体的にどのようなことが対策として考えられるのか、一緒に考えていきましょう。

実際に私が試してみたことを含めて以下の5点を挙げてみました。

音量を下げられるか確認する

まず初めに確認するべきは、どの程度音量を下げられるのかです。

音量を上げてしまうのは聞き取りにくくなっていることが原因ですが、同じ家で過ごす以上はお互いの歩み寄りが必要になります。

また必要以上に音量を上げてしまうと聞き取りにくさ加速してしまうため、出来るだけ聞き取りにくさの進行を抑えるためにも最低限の音量に調整するべきだと考えられます。

一覧に戻る↑

テレビの時間を制限する

次に考えるべきはテレビをつける時間についてです。

高齢者の方はテレビを見る時間が長く、つけっぱなしにする方が多いかと思います。

当然つけっぱなしだと大音量をずっと聞き続ける時間も増えその分耳への負担も増えます。

そこで本当にテレビをつける必要があるのか、ただ何となくということであれば消してもらうといったことが必要か確認することも大切です。

一覧に戻る↑

長時間付けていられる耳栓を使用する

実際に、本人に確認して出来ることをやってもらったとしても、テレビの音が大きい状態が続くようでしたら、何らかの形で大きな音を抑える必要があります。

そのために最も手軽なのが私達が耳栓を使用することです。

ここでポイントとなる耳栓の選び方になります。

個人的には以下の点で耳栓を選ぶことがいいかと思います。

  • 長時間付けていて耳が痛くならないこと
  • ある程度の遮音性があり、かつ会話ができる程度のものを選ぶこと

この観点で私が耳栓を選びに選んだ結果、以下の2つに行きつきました。

ALPINE HEARING PROTECTION Party Plug

こちらの耳栓はライブハウスやクラブ、バンド練習など、過度の音量に対して耳を保護したい音楽愛好家の為に開発されました。

特徴的なのは耳栓に穴があけられており、更にその中に専用のフィルターを挿入することによって、大音量を抑えながらも会話ができるようになっていることです。

欠点としては耳の穴に入れる際にコツがいる位ですが、こればかりは慣れだと思います。

Mack’s Pillow シリコン耳栓

こちらの製品を初めて見た方はこれが耳栓なのかと思うかもしれません。

主原料がシリコンの小さな塊ですが、粘着性のあるこちらの塊を耳の穴に入れるのではなく、耳の穴をふさぐように使用することで遮音するという仕組みになります。

耳栓は耳の穴に入れた際に内側から押し広げるように力が働き、それが嫌と感じる方もいるかと思います。

長期間使用することを考えると、既存の形よりもこちらの製品を使用することをおすすめします。

遮音性は既存の物よりも劣ってしまいますが、大音量のテレビの音はある程度抑えられますし、会話も可能です。

一覧に戻る↑

専用の集音器を使用してもらう

テレビの音量を下げる代わりに集音器などを使用してもらうという手があります。

当サイト『リモートおとな親子』でお勧めしているのは「オリーブスマートイヤー」と呼ばれる集音器です。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

引用:オリーブスマートイヤーyoutube公式

「オリーブスマートイヤー」は補聴器ではなく、集音器という扱いになります。

集音器という特性から、テレビ以外の日常でも使えるところが大きいですね。

スマートフォンで使用する方に合わせた調整が可能というのが他の製品にはない新しい点です。

最近では、最新式の「オリーブスマートイヤープラス」がリリースされました。

公式サイトでのみ気に入らなければ7日間100円でお試しでき、気に入らなければ返品可能な点が大きいです。

大きな買い物ですので、納得するまで使ってみて、合わない際は返品できるのは大きいです。

詳しくは以下の記事を参照ください。

一覧に戻る↑

専用のスピーカーを使用する

これまで、様々な対処法を考えてきましたが、最後に紹介するのが「ミライスピーカー」です。

まずはこちらの動画をご覧ください。

引用:ミライスピーカー公式youtube

ミライスピーカー」は特許技術により聞こえにくいテレビの音を変換し、聞こえにくい方やそうでない方が同じ環境で同じようにテレビの音が聞き取れるという製品になります。

本当かな?と思う方がいるかもしれません。

実際に私もそう思い、ミライスピーカーのネガティブな評判を集めてみて、更に実際に購入してその効果を確認してみました。

その詳細は以下の記事を参照してください。

加えて実際に「ミライスピーカー」を購入し使用する前の接続方法は以下の記事にまとめてみました。

併せて、「ミライスピーカー」の価格は29,700円と決して安くはありません。

ですので、実際に試してみたい方も多いかもしれませんが、取り扱っているお店は限られています。

詳しくは以下の記事を参照ください。

また、「ミライスピーカー」を実際に使用したいが、少しでも費用を抑えたいと考えられる方もいるかもしれません。

そこで、中古での購入やレンタルを検討されているかと思います。

これらの方法で「ミライスピーカー」を使いたいと考えている方は以下の記事を参照ください。

「ミライスピーカー」を使いたいと考えている方に最もお勧めなのが、公式サイトでの購入です。

公式サイトでのみ気に入らなければ60日間の返品保証される点が大きいです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

本当に返金されるのか気になる方がいるかもしれません。

実際に私が「ミライスピーカー」の返品保証が本物なのかを確かめるために、あえて返品を行ってみました。

詳しくは以下の記事を参照ください。

一覧に戻る↑

テレビの音がうるさい際には「ミライスピーカー」がおすすめ

これまで、テレビの音量問題に悩む皆さんに向けて解決策を色々と挙げてみました。

個人的には、音量を上げてしまう親などの家族と、私達の間で誰かが我慢することなく、かつ無理なく習慣化できるという考え方で言うとミライスピーカー」をお勧めしたいと思います。

実際に私も「ミライスピーカー」を購入してみましたが、試しに耳栓などで聞こえにくい状態でも音量を少しだけ上げるだけで十分聞こえてきました。

もちろん、聞こえ方は人によって異なりますので、本当に効果があるのか不安に感じられる方もいるかと思います。

公式サイトでの購入でしたら、60日間返品保証がありますので、効果が感じられなければ返品も可能です。

実際に私も試しに返品したら問題なく返品でき、料金も戻ってきました。

「ミライスピーカー」を含め、試行錯誤しながら皆さんが納得いくような形でテレビの音量問題が解決できたらと思います。

  • 高齢者をはじめ、聞き取りづらい方向けのスピーカー
  • 取り扱いが簡単
  • 音ズレしない
公式サイトなら60日間返金保証付きです
よかったらシェアお願いします!!
  • URLをコピーしました!
目次