ミライスピーカーはレンタルが正解?公式サイトで購入し、試しましょう

高齢者の方をはじめとした聞き取りづらさでお悩みの方を対象とした、テレビの音を聞こえやすい音に交換するとされる「ミライスピーカー」について、気になっている方は多いかと思います。

一方で、購入するにあたって約3万円必用となることから、本当に効果があるのか気になるのではないでしょうか。

実は、現在「ミライスピーカー」を直接試すことの出来る店舗は存在しません。

それでは出来る限り安く試す方法はないのか?

その選択肢の一つとして、レンタルするという方法があります。

しかし、「ミライスピーカー」においてレンタルするという選択肢が最善かどうか、今回はこの問題について解説していきます。

  • 高齢者をはじめ、聞き取りづらい方向けのスピーカー
  • 取り扱いが簡単
  • 音ズレしない
返金保証が購入30日から60日に延長されました
目次

現在ミライスピーカーをレンタルできるのはRentioだけです

2021年7月現在でレンタルという形でミライスピーカーを使うことが出来るのはRentioだけになります。

Rentioとは、2021年7月現在で2,841種類のカメラや生活家電、ベビーカーなどが気軽にレンタルすることが出来るサービスです。

実際に購入する前に試してみないとわからない・・・という方にも強い味方になります。

なお、Rentioでレンタルする場合ですが、短期間のレンタルを想定したお試しレンタル(14泊15日)と、中長期を想定した月額レンタルの2種類があります。

 

詳しくは後述しますね。

本当に聞こえやすくなるのか心配なのでレンタルするのが最善?

では、事前に試すのにはRentioでレンタルするのが一番かと言われるとそういうことはありません。

「ミライスピーカー」を開発・販売しているサウンドファン社でも、以前まで販売と共にレンタルを行っていました。

しかし、現在ではレンタルを終了し、その代わりに返金保証を付けた販売に絞っています。

この返金保証は当初30日間でしたが、現在は60日間に延長されています。

この返金保証は公式サイトで購入した場合のみです。

つまり、公式サイトで購入して、気に入らなかった場合は、返品時の送料のみで「ミライスピーカー」を試すことが出来るということになります。

レンタルと公式サイトでの購入する場合をそれぞれ比較しました

それでは実際にレンタルと公式サイトでの購入した場合で「ミライスピーカー」の実機を試すことを考えたとして、どちらが好ましいのか様々な点から比較してみることにしました。

概要は以下の通りです。

 Rentioでお試しレンタルRentioで月額レンタル公式サイトで購入
初期費用4,880円/14泊15日4,000円/月29,700円
追加費用300円/日4,000円/月※
※13か月以降は無料
0円
本体の状態点検済みリユース品点検済みリユース品新品
通常利用での保証レンタル期間中は無料レンタル期間中は無料1年間メーカー保証
過失による保証レンタル期間中は2,000円負担レンタル期間中は2,000円負担なし
返金時の送料不要不要必用
その他+20,000円でそのまま購入可レンタル12か月分一括支払いで購入可
3か月目から返却可
60日間返金保証
価格は税込
 

それでは、それぞれの特徴を踏まえて、比較していきたいと思います。

最短期間で返却する場合

それでは最短期間で返却することを想定した場合で比較していきます。

Rentioでお試しレンタルRentioで月額レンタル公式サイトで購入
必要となる費用4,880円(レンタル料)8,000円(レンタル料)約1500~3000円(送料)
最短レンタル期間15日60日60日
通常利用での保証契約期間中は無料契約期間中は無料1年間メーカー保証
過失による保証契約期間中のみ2,000円負担契約期間中のみ2,000円負担なし
個人的評価
価格は税込

Rentioの場合は、14泊15日間レンタルする場合と、月ごとにレンタルする場合によって料金が変わります。

なお、月ごとのレンタルは最短でも2か月間は解約ができないため、実質2か月分のレンタル料(4,000円×2)がかかります。

なお、Rentioは返送時に料金は発生しません。

公式サイトで購入した際は、はじめに29,700円必用になりますが、60日以内であれば返金保証があります。

一方で返送時の料金はこちら負担となるため、地域によって実質の負担額は変動します。

上記の金額は目安ですが、ヤマト便で返送した場合の概算を記載しています。

これだけを見ると、お試しが出来る期間が長く、かつ料金が一番安くなるのは公式サイトでの購入になります。

しかし、なかなかないかと思いますが、万が一の私達の過失で故障してしまった場合の負担はRentioの方が2,000円で済んでしまう点は大きいです。

お試し後、そのまま購入する場合

次に、実際に試してみてそのまま購入する場合を考えてみます。

Rentioでお試しレンタルRentioで月額レンタル公式サイトで購入
必要となる費用24,800円~※
※15日目以降に購入の場合
 1日毎に300円ずつ加算
48,000円29,700円
本体の状態点検済みリユース品点検済みリユース品新品
通常利用での保証
(購入後)
2週間2週間1年間
過失による保証
(購入後)
なしなしなし
個人的評価
価格は税込

購入するという選択肢が入ると、状況は一変します。

まずRentioで購入する場合ですが、レンタルしている製品をそのままかとるという形になります。

お試しレンタルの場合は、レンタル代に+20,000円で購入することが可能です。

一方で月額レンタルの場合は、12か月間レンタルし続けると自動的にそれ以降は料金は発生せずに、レンタルしていた製品は自動的にレンタルしている方の物になります。

また、12か月に達していない場合でも購入したい場合は、その時に12か月レンタルする際にかかる額の差額を払うことで購入できます。

つまり、月額レンタルの場合、ミライスピーカーだとどの時期でも4,000円×12か月で48,000円の料金を払わなければなりません。

併せて、本体はリユース品で購入した段階で購入後2週間保証になります。

Rentioはレンタル時は非常に保証が手厚いですが、購入するということを考えると、かえって割高であったり、保証が手薄になる傾向があります。

一方で、公式サイトでの購入は新品のものが送られてきて、かつ1年保証という点で、Rentioよりも優れています。

なお、中古で購入するという選択肢があるのであれば、以下の関連記事を参考にしてみて下さい。

公式サイトで60日返金保証が付いた新品を購入するのがおすすめです

これまで、レンタルするという選択肢を考えた場合、Rentioによるレンタルしか方法がないことを説明しました。

一方で公式サイトでもレンタルをしていましたが、廃止する代わりに現在60日間の返金保証を付けることで購入して、万が一気に入らない場合は返送してもらうというスタイルを公式サイトは継続しています。

前述のとおり、料金を考えると、はじめは公式サイトの購入は初めに支払う費用が一番高いですが、返却すれば必要となるのは返送費用だけで、購入代金は戻ってきます。

一方でRentioはレンタル期間中は我々の過失による保証が付いているのは公式にはないメリットですが、故意に壊してしまうことはなかなかないかと思います。

また、最短で返却するにも、購入するにもリユース品の中古品を新品に近い価格以上で購入することになり、保証も公式よりも手薄になってしまうというデメリットがあります。

このことから、「ミライスピーカー」を試してみたい場合では、Rentioではなく公式サイトで一度購入するのが一番です。

皆さんもぜひ公式サイトで実際に購入して使い勝手や、聞き取りにくさの改善効果を試してみて下さい。

実際に私が「ミライスピーカー」を購入した際の体験談を以下の記事にまとめましたので、気になる方はこちらをご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

  • 高齢者をはじめ、聞き取りづらい方向けのスピーカー
  • 取り扱いが簡単
  • 音ズレしない
返金保証が購入30日から60日に延長されました
よかったらシェアお願いします!!
目次
閉じる