運営者情報

はじめに

「おとなおやこ(旧 リモートおとな親子)」をご覧いただきありがとうございます。

このブログは主に40代以上の社会的に独立した”おとな”を対象としています。

おそらく私達が30代後半から40代になると、これまで様々な面で支えてくれた親が、定年を迎え、第二の人生を歩みだす時期に入るかと思います。

そして、少しづつですが衰え、弱っていきます。

そんな状況の中でこれから老親とどう関わっていき、支えていくべきなのかを考えていくきっかけとすべく立ち上げたのがこのサイトです。

 

本ページで少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

運営者について

スクロールできます
運営者おとなおやこ
年齢30代後半
経歴・2009年3月に国立大学大学院にて修士課程(農学)修了
・2009年4月より食品メーカーにて研究業務の後、現在は品質保証業務を担当
・2020年3月に働きながら国立大学大学院にて博士課程(環境学)修了(社会人早期修了)
・2020年10月より当サイト”おとなおやこ(旧リモートおとな親子)”を運営開始
所有資格終活ガイド1級
博士(環境学)
出身地富山県
所在地埼玉県
家族構成妻・息子(同居)
実父・実母(車で約4時間の距離)
義父・義母(車で約1時間の距離)

私は現在関東在住の30代後半のサラリーマンです。

今の会社に就職してから10年以上経過し、今のところそれなりに仕事も任せてもらえるようになっています。

また、ありがたいことに家庭を持つことができ、現在妻と小学生の子供がひとりの3人家族です。

私の両親は車で4時間程度の地方に住んでいます。

また、私の妻の両親は同じ県内に住んでいますが、それでも車で1時間の離れた場所に住んでいます。

このような状況の中、将来の両親のことや実家のことをどうしていくべきか、お盆などに帰省して話すことはあっても、世代間のギャップや性格の不一致により話は進まず、もやもやしています。

中でも、実父はモラハラ気質なところがあり、それが原因で実父、実母、私はそれぞればらばらに暮らしています。

このような状態の中、これまで何とか離れて心の安定を図ることが出来ましたが、親が老いていく中でどうしても付き合わないといけないという状況です。

 

将来的に、同じような境遇の人の心の支えになりたいと考えています。

当サイトについて

スクロールできます
運営サイトおとなおやこ(旧 リモートおとな親子)
サイトURLhttps://remote-otona-oyako.com/
サイト開設日2020年9月21日(敬老の日)
発信内容・親との関り方に関する情報
・親の見守りを目的とした製品やサービス
・親の生活を向上させる製品やサービス
受賞経験A8.net主催 2021年5月 レビューコンテスト 入賞
A8.net主催 A8メディアオブザイヤー2021 部門賞(その他部門)4位
依頼・提供実績5件(現在レビュー依頼・製品提供を募集中です!!
株式会社 MIXI様 会話AIロボット Romi
 (”Romi 評判”でGoogle検索1位)
ジョージアンドショーン株式会社様 見守りタグ biblle&bibllel LiTE
(”biblle 口コミでGoogle検索1位”)
株式会社 AlbaLink様 物件買取サービス 訳あり物件買取プロ
(”訳あり物件買取プロ 評判”でGoogle検索3位)
株式会社 EGL OKINAWA様 除菌・ダニ除去ロボット ROCKUBOT
(“ROCKUBOT 口コミ”でGoogle検索5位)
株式会社 関電セキュリティオブソサイエティ様 見守りサービス 関電SOS
 (”関電SOS 高齢者”でGoogle検索10位)

このようなことから、私が今後親や実家とどう向き合うべきか、これまで様々な情報を収集してきたことを共有化していきたいと考えています。

具体的には、専門書などを基とした親との関り方、遠方の親を見守り、支えるための製品やサービスについて発信していきたいと考えています。

事前に親のことについて考え、整理しておくことによって、万が一のことがあっても慌てなくて済みます。

そして、今自分の家庭を持っている方にとっては、旦那さんや奥さん、そして子供たちに親のことで負担をかけることを防ぐ、言わば今の自分の家族を守ることに繋がると考えています。

このブログを通じて、私と同じように遠方に暮らす親との関りを気にする皆さんと、これらの問題について考え、共有化し、ブラッシュアップできたらと考えています。

 

私と一緒に親とのこれからを考えていきましょう!!

本サイトの信ぴょう性を上げるための取り組み

本サイトに記載されている内容を少しでも信ぴょう性を上げ、読者の皆さんに安心して読んでいただけるように以下の取り組みをしております。

 

それぞれ見ていきましょう。

終活ガイド1級の取得

認定証が届き次第差し替えます

終活とは、自身の死と向き合い、最後まで自分らしく生きるための準備のことを指します。

私達の親は定年後に大きく変わるセカンドライフをどう充実させていくか、どう準備していったらいいのかといったことに興味があります。

また、私達にしても親に対して残された時間を有意義に過ごしてほしいと考える方も多いのではないでしょうか。

近年、私達の中で当たり前のように使われるようになった終活ですが、この終活に着目し、知識の習得と本サイトを通じた知識の共有をもって本サイトの信ぴょう性を高めたいと考えました。

そこで、取得したのが「終活ガイド1級」です。

「終活ガイド」とは、一般社団法人 終活協議会が提供している「終活スペシャリスト」になるための資格です。

その中でも「終活ガイド1級」は自分自身や親、周囲の人のために終活を学ぶだけでなく、「終活のプロ」としてセミナーの開催や個別相談などが出来るレベルを目指すことを目的としています。

終活に関する資格は他にも数多くありますが、資格取得後も終活協議会から豊富な資料や最新情報の提供など、継続して成長できる仕組みがある資格は「終活ガイド」以外ありません。

私は今後もシニア世代のセカンドライフをより充実したものとするための情報の収集を怠らず、これらをベースに皆さんに有益な情報を発信をしていきます。

 

いずれは、本サイトを通じて終活相談が出来たらと考えています。

一覧に戻る↑

関連書物による知識取得と共有化

これまで私は、遠方に住む親との関わりについてどうするかずっと悩んでいました。

そんな中で、関連する書物を数多く読んできました。

その一部を紹介します。

 

親との関りで参ったときには、つい手を伸ばしていたんですよね。

これらの知識を当サイトに反映させ、皆さんのためになれるように尽力しております。

一覧に戻る↑

客観的かつ再現性のある検討の実施

私は国立大学大学院での研究を経て、食品メーカーに就職し、研究業務に従事後、現在は品質保証業務を行っています。

最近では、品質保証業務と併行して研究を再開し、国立大学大学院にて社会人早期修了制度を用い博士号を取得しています。

研究を行う際には、客観的かつ再現性のある検討が必要です。

そして、その成果を誰もが分かるように文章化し、公表することが研究者にとっての責務だと考えます。

実際に、私はこれまで査読付きの論文を5報、博士論文を1報出しており、特許は4つ取得しております。

私は、これらの経験を基に、老親を対象としたサービスや製品を、客観的かつ再現性のある形で検討し、記事として共有化したいと考えています。

 

他のサイトにはない強みだと思っています。

一覧に戻る↑

当サイトに掲載している広告について

当サイトで取り上げている商品・サービスは、主にアフィリエイトプログラムを使って紹介しています。

具体的には、ほぼすべての記事にアフィリエイトプログラムの広告を貼り付けており、販売店様の公式サイトにリンクされる仕組みです。

当サイトに関する記事は、出来る限り私自身が製品およびサービスを経験し、販売店様に直接問い合わせるなどしたうえで書き上げています。

これにより、皆さんにとって可能な限り正確かつ有益な情報を提供できるよう日々努めています。

なお、当サイトはこれまでにアフィリエイトプログラム最大手のA8.net様より以下の賞を頂いております。

A8レビューコンテストの結果は、当時結果の公開を控えておりましたが、実際に以下の賞状を頂いております。

併せて、A8メディアオブザイヤー2021の審査基準を以下に引用します。

  • サイトやブログのテーマが明確か。
  • 広告が工夫して掲載されているか。
  • A8.netの広告が掲載されているか。
  • オリジナリティ・個性が出せているか。(※)
  • 読者にとって有益な情報を載せているか。
  • 更新性があるか。
  • 写真・画像が分かりやすく使われているか。
    ※ コピーサイトやコピーコンテンツはNG
 

引き続き、有益な情報を提供できるサイトであるべく努力します。

当サイトをご利用されるにあたってのお願い

前述の通り、当サイトは可能な限り正確な最新の情報を掲載するようにしております。

しかし、更新が間に合わず情報が古くなったり、誤情報が紛れ込んでしまう可能性もあります。

また、体験談はすべての方に同様の結果を保証するものではありません。

ご利用の際には、サービス公式や公共機関のサイトをご確認の上、最終的にご自身で判断いただけますようお願いします。

もし、当サイトの記事について、気になる点がありましたらお問い合わせからご連絡ください。

 

どうぞよろしくお願いします!!